イオン銀行カードローンの契約内容として注視したいのは金利です。イオン銀行カードローンは2種あります。両方ともそれほど大きな金利差はないので、同じ限度額を持つにしてもどちらを選んでも似たような利息となります。イオン銀行カードローンの金利はメリットがあるのかどうか、ここが利用者にとって気になるポイントとなりますが、結論から言えばカードローンの中でも低金利が実現されている部類です。何故なら、他社の上限金利は18%が主体であり、その点を比較するとイオン銀行カードローンは約14%に設定されているため、これは結構低い水準です。下限金利は大口融資を受けなければ採用されないため、万人にとって注目すべき金利ではありませんが、下限も下限としてそれなりの低金利だと言えます。ちょっとしたお金を借りたい、そんな人にとっては比較的低い金利設定になっていることから利息を抑えてお金を借りやすいカードローンと言えます。

審査基準はそれほど厳しくはない

イオン銀行カードローンの審査基準はそれほど厳しい内容ではありません。その理由として原則300万円の限度額までなら収入証明書が不要となっているので、この点を考慮すると身分証明だけで300万円まで借りることが出来る可能性があるという事になるため、これは敷居が低い部類と判断出来ます。かなり審査基準が厳しいところになると、小口融資でもしっかりと収入証明の提示を求められてくるので、そうした基準値に比べたら割と申し込みやすいカードローンです。また、収入証明書の提出が不要という内容からイオン銀行カードローンへ申し込む場合は給与明細などの必要書類を用意しなくても良いので、単純に手間を省いて気軽に申込をしやすいというメリットも出てきます。身分証明だけなら運転免許証など、すぐにでも用意することが出来る書類を使ってイオン銀行カードローンへ申込むことが出来るので、とても身軽に申込を完結出来ます。