イオン銀行カードローンは個人事業主が利用できるカードローンです。借入限度額が100万円以内であれば、所得証明書を提示しなくても利用できます。カードローンの審査では所得を証明する必要があります。一般的には源泉徴収票の収入に基づいて審査が行われますが、個人事業者は確定申告書に記入した所得金額に基づいて審査されます。所得証明書は確定申告書の控えであると理解しておくと良いでしょう。借入限度額が100万円以内であれば、個人事業主の所得金額は自己申告だけで良いので、確定申告書の控えを提示する必要がありません。借入限度額が100万円を超えてしまう場合は、自己申告の所得金額だけでは不十分です。イオン銀行カードローンのキャンペーン期間中であれば、審査基準が緩和されることもありますが、とくに借入限度額が300万円を超えてしまう場合には、確定申告書の控えか、青色申告書のコピーが必要になります。

イオン銀行カードローンで書類を提出する必要がある条件とは

イオン銀行カードローンを個人事業主が利用したい場合で、借入限度額が300万円を超えてしまう場合は、所得金額を証明する書類を準備しておきましょう。書類は原本ではなくコピーで対応できます。基本的には確定申告書の控えです。ポイントは、提出した左記の税務署のスタンプが押印されていることです。税務署のスタンプとは、受付印のことであり、税務署の名前と年月日が印影から判断できます。青色申告書を所得証明書として利用する場合も同様です。青色申告書は、個人事業主が自分自身で意識していないと控えが手元に残っていない場合があるので注意しましょう。青色申告書の控えも、確定申告書と同様に税務署のスタンプが押印されていることが必須条件です。現在、イオン銀行カードローンを利用していない人でも、将来的に借入を検討している場合や、余裕のある資金繰りを目指しているのであれば、所得証明書の提出を意識しておくと良いでしょう。確定申告書はもちろんのこと、青色申告書の控えを作成しておき、どちらも税務署の受付印を押印してもらっておくように心がけておきましょう。